head

▶ 公演の会場について

Q1:「会場の広さはどの位必要ですか?」
この「木を植えた人」は生の声で聞いていただきます。
そのためあまり広い場所での 公演には不向きです。多くて50人の人が聞けるスペースがあれば結構です。
でも、息使いまで感じることが出来るのは40人までのスペースです。響きが良ければ大きいス ペースでも可能です
(開催場所の例)
ギャラリー、図書館、喫茶店、ホスピス、教会、個人の住宅等

Q2:「公演を行うために会場における設備的には何が必要ですか?」
照明設備は私たちが用意します。
音響装置もこちらの方で準備し会場に持ち込みます。
電源はふつうのコンセントで充分です。あと、語り手の着替えるスペースがあれば結構です。
Q3:「費用はどの程度かかりますか?」
私たちは商業公演ではありませんから必要最小限の経費でこの公演を開催して頂けるように考えています。
必要最低限の費用とは次の項目です。

交通費

名古屋、福井(場合によっては東京)から開催地までの交通費各1名分(実費のみです)
公共交通機関運賃、高速代、ガソリン代等
近隣地区で共同開催される場合は、合計の移動交通費を開催箇所で割って計算して頂ければ結構です 

宿泊費

時間的に必要な状況であるならば、公演当日の開催地での宿泊費
ビジネスホテル、旅館、公共の宿等
シングルルームのお手配が出来れば結構です
主催者の方が手配していただいても結構です(実費のみです)
終演時間の都合でが終電に間に合わない場合、もしくは深夜に及ぶ場合、公演地が東京都内、名古屋近辺、福井近辺以外の場合のみ必要かと考えます。

制作費
ドングリ基金

一カ所の公演あたり 2万円。
この制作費はあくまでも目安です。この金額より少なくてももちろん構いませんし、余裕があれば、それ以上をいただければ幸いです。
そのお金はどんぐり基金として積み立てております。
一定の金額を積み立てた後、世界中で木を植えているNGOやNPO等に寄付する予定です。

装置運搬費

照明装置兼小道具(1200×600×300)1個
トランク(800X250X600) 1個
スタンドバッグ(300X300X1200) 1個
上記の荷物3個口で開催場所へ送る宅配費用。
搬入・搬出の2回となります
スタッフが車等での移動し、機材を持ち込みできるようでしたら交通費に含まれます。

Q4:「お知らせ用のチラシはありますか?」
A4サイズのチラシと、同じデザインでA3サイズのポスター(ともに白黒)の原稿 をお送りします。

Q5:「他に必要な事はありますか?」
演出上会場をブラックアウト(暗転)にする必要があるので、出来れば、会場が暗くなることが 必要です。夜の公演だと暗くなるのでその必要はありません。

Q6:「公演の中で使用している音楽が気になるのですが、どのような音楽を使われているのですか?」
公演の中で使用する音楽についてのお問い合わせが多いので、ご紹介します。
公演では最初と、最後にのみ音楽を使用しています。どの曲も現在入手可能な音源です。
1曲目はイギリスの現代音楽作曲家ジョンタベナー(タバナーと発音する事もあるそうですが)作曲の曲です。
2曲目は最後の部分で流れる曲でエンヤの「エヘレナム」という曲で、「聖歌」です。


最初の曲 最後の曲

曲詳細

Out of the Nightから
14."Threnos for cello solo"(これが曲名)
Composed by John Tavener
with Moray Welsh
Conducted by Andrew Parrott

ENYA:The Memory of Trees
から
4. Athair Ar Nearmh(エヘレ・ナム)

CD情報

Label: Sony
January 11, 2000
ASIN: B00003WGNL

Label: Warner Brothers
December 5, 1995
ASIN: B000006YI8

購入先

Amazon

Amazon
ジャケット 
 

Q7:「公演に来て頂くお客様の最低人数はありますか?」★(いままでの主催からのアドバイス)
このプロジェクトを主催してみたいと思うがいろいろ心配事が多くて今一歩踏み出せないでいる方。今まで主催して頂いた方々から次のような「心配事」に対するアドバイスが届いていますのでご紹介します。参考にして下さい。

心配事

解決方法

参加者が集まるかどうか心配です

あなたは年賀状や暑中見舞いを何通出しますか?携帯電話の電話帳に何人登録してありますか?メールの住所録には何人のメールアドレスがありますか?この数字が目標の数字より多ければそう心配はありません。知人に電話をし、メールを出し、ハガキを送る事をすればいいのです。それでも大変だと思ったら数人で(2~3人)で共同主催にすればいいのです。ようは人と人とのつながり(ネットワーク)ですから。

予算の立て方がわからない


最初に経費の計算をします
スタッフの交通費等の計算(例:20000円)
これが最低限の経費です。この経費を最低捻出するためにはお客様から一人当たり1500円頂くとして、20000÷1500=13.333となり最低14人の観客の動員が必要です。
これに会場費が加算されるとしても、同じように最低の経費を算出します。
<経費項目>
1 交通費、宿泊費
2 会場費
3 印刷費、通信費等
4 消耗品、食料費等
以上の経費の合計を「目標動員数」で割って入場料を決めるか、「入場料」を先に決めて動員数を割り出すかどちらかの方法になります。ちなみに入場料金は1000円~2500円の幅があります。

週末の公演しか出来ませんか?

今までの例を参考にしてみると、週末の公演が多いようです。公演の日程に関しては、基本的に榊原と杪谷のスケジュール調整が基本にあります。もちろん主催者の方が、様々な条件中で日程調整を行っていらっしゃいますが、出演者のスケジュールが空いてないと公演ができません。そのわけは、商業公演でしたら、主催者のスケジュールに合わせて日程調整をしますが、現状では二人のスケジュールが空いているときに公演を行うことが基本になりますので、その点をご理解頂きたいと思います。週末はある程度スケジュール調整に余裕があるので、結果的に週末の公演が多くなってしまいました。
皆様からのご要望に出来るだけお答えするように日程調整を行いますので、公演希望日が決まりましたら、出来るだけ早くご連絡頂くと二人の日程調整を行いますので、しばらくお時間をいただきたいと思います。そうすれば、週末以外での公演も可能になると考えます。

遠方での公演は可能でしょうか?  遠方というのはおそらく「愛知県」「福井県」「東京都内」(これらの地域が榊原と杪谷の生活活動範囲なので)以外の場所だと思います。遠方での公演を行うためには
1.交通費や宿泊費をプールできる(分担し合う)ように近辺に他の主催者を捜し、共同主催にする。
2.複数回の公演を行う(1日2公演を二日間など)
などの方法で、負担を軽くする方法を考えて下さい。どうしても遠方の公演は基本経費の「交通費」の負担が多くなるので、なかなか開催が難しいのですが、他に行政に企画を持ちかけ(図書館の会や公民館活動など)たり、NPOの事業として市民活動としたりする方法なども考えられます。
私たちも少しでも多くの方々にこのお話を聴いて頂きたいので、いろいろな条件を考えて、知恵を出そうと思いますので、遠慮無くご連絡下さい。

Q8:「経費の予算の立て方がわからないのですが?」★(いままでの主催者からのアドバイス)
最初に経費の計算をします
スタッフの交通費等の計算(例:20000円)
これが最低限の経費です。この経費を最低捻出するためにはお客様から一人当たり1500円頂くとして、20000÷1500=13.333となり最低14人の観客の動員が必要です。
これに会場費が加算されるとしても、同じように最低の経費を算出します。
<経費項目>
1 交通費、宿泊費
2 会場費
3 印刷費、通信費等
4 消耗品、食料費等
以上の経費の合計を「目標動員数」で割って入場料を決めるか、「入場料」を先に決めて動員数を割り出すかどちらかの方法になります。ちなみに入場料金は1000円~2500円の幅があります。

Q9:「週末の公演しか出来ませんか?」
今までの例を参考にしてみると、週末の公演が多いようです。公演の日程に関しては、基本的に榊原と杪谷のスケジュール調整が基本にあります。もちろん主催者の方が、様々な条件中で日程調整を行っていらっしゃいますが、出演者のスケジュールが空いてないと公演ができません。そのわけは、商業公演でしたら、主催者のスケジュールに合わせて日程調整をしますが、現状では二人のスケジュールが空いているときに公演を行うことが基本になりますので、その点をご理解頂きたいと思います。週末はある程度スケジュール調整に余裕があるので、結果的に週末の公演が多くなってしまいました。
皆様からのご要望に出来るだけお答えするように日程調整を行いますので、公演希望日が決まりましたら、出来るだけ早くご連絡頂くと二人の日程調整を行いますので、しばらくお時間をいただきたいと思います。そうすれば、週末以外での公演も可能になると考えます。

Q10:「遠方での公演は可能でしょうか?」
遠方というのはおそらく「愛知県」「福井県」「東京都内」(これらの地域が榊原と杪谷の生活活動範囲なので)以外の場所だと思います。遠方での公演を行うためには
1.交通費や宿泊費をプールできる(分担し合う)ように近辺に他の主催者を捜し、共同主催にする。
2.複数回の公演を行う(1日2公演を二日間など)
などの方法で、負担を軽くする方法を考えて下さい。どうしても遠方の公演は基本経費の「交通費」の負担が多くなるので、なかなか開催が難しいのですが、他に行政に企画を持ちかけ(図書館の会や公民館活動など)たり、NPOの事業として市民活動としたりする方法なども考えられます。
私たちも少しでも多くの方々にこのお話を聴いて頂きたいので、いろいろな条件を考えて、知恵を出そうと思いますので、遠慮無くご連絡下さい。

Q&Aの最終更新日 : 2016-08-03